視力回復そのヒミツは

方法

以前に比べて視力が低下してしまったという場合には、日常生活に支障が出ないように視力回復させる必要があります。
ただ、視力回復させるとしても様々な方法がありますので、自分に合った方法を選ぶ必要があります。それぞれの視力回復方法で得られる効果や必要な費用というのは変わってきます。
ここでは、どのような方法で視力回復させることが出来るのか?ということと、それらの方法に関する特徴をお教えします。

・メガネ
最もポピュラーな視力回復方法です、フレームにレンズが入っていて、耳と鼻でフレームを支えます。装着している時に視力回復効果を得ることが出来ます。メガネは、数千円から数万円という費用が必要となります、一度購入すると視力が変動しない限り使用することが出来ます。

・コンタクトレンズ
角膜に直接装着するレンズです。装着している間は常に視力回復効果を得ることが出来ます。ただし、目の安全上ずっと装着することは出来ません。使用するコンタクトレンズによって、1日、2週間、1ヶ月、1年というようなタイプがあります。カラーコンタクトレンズというものもあり、瞳の色を変えることが出来ます。瞳の色を変えることで、ファッション性が高まります。

・レーシック
角膜にレーザーを照射して視力回復効果を得ます。手術には10~50万円程度の費用がかかりますが、一度手術をすると、高い効果が継続します。手術後は裸眼で生活をすることが出来るようになりますので、見た目の印象は全く変わりません。

▲TOP