視力回復そのヒミツは

適性について

海外では視力が低下すると当たり前のように視力回復手術を受けています。日本でも視力回復手術を受ける人は、どんどんと増えています。
ただ、視力回復手術はだれでも受けることが出来るというわけではありません。ここでは、受けることの出来る条件についてお話します。

視力回復手術を受ける場合、手術を受けることが出来るかどうか検査が行なわれます。その検査では、角膜の厚さや視力を測定します。
視力回復手術は、角膜を削る手術です。そのため、角膜は十分な厚さが必要となります。また、近視があまりにも強いという場合にも手術をしても高い効果を感じることが出来ないので手術には適していません。

また、白内障、緑内障といった眼の疾患がある場合やドライアイやケロイド体質といった内科的な疾患がある人も手術を受けることが出来ません。

年齢に関しても条件があります。原則20歳未満の人は不可です。病院によっては18歳未満不可にしているところもあります。
また、年齢の上限はないのですが、45歳を過ぎると老眼になる人が増えます。そのため、老眼になる可能性がある年齢の人であれば、手術をしても再び視力が低下してしまうおそれがあります。45歳前後の人は手術は受けられないというわけではありませんが、老眼の可能性もあるということを考えてから手術を受けるようにしましょう。

このように、視力回復手術を受けるためには様々な条件があります。
しかし、その条件をクリアすることが出来れば、快適な生活があなたを待っています。

▲TOP